心と身体の解放ブログ 〜心理カウンセラーより、社会で頑張るあなたへ

幸せになるための行動習慣を1ヶ月実行した結果 ~お金・美・ステータス・配偶者等の「環境」は、幸福度のわずか10%~

幸せ12

今日は、『幸せがずっと続く12の行動習慣』の書評・実践です。まだ検証が不十分なので、「中間報告、その1」といった感じの、とりあえずの感想です。

著者はソニア・リュボミアスキーさん、米国カリフォルニア大学リバーサイド校の心理学教授で、個人の経験等ではなく実験の結果で示された、いわば科学的な「幸せなる方法」をこの本で述べています。

多くの人は幸せを求めます。そして、「もし、○○だったら幸せなのに・・・」とか「○○になれたら幸せだろう」という考えを持ちがちです。

ところが、幸福を決定するものは何かというと、
環境 10%
遺伝による設定値 50%
意図的な行動 40%
ということが、一卵性双生児・二卵性双生児に関する研究によりわかったそうです。
すなわち、「裕福か、貧乏か」「健康か、病気がちか」「器量がいいか、人並みか」「既婚者か、離婚経験者か」などの生活環境や状況による違いは、幸福度のわずか10%しか占めないのです。

全く意外な研究結果ではありませんか?
お金・美・ステータス・配偶者、それらは一時的に人に幸福感を与えますが、人には強力な「快楽順応」という力があり、すぐに慣れてしまうそうです。
結婚でさえ、新婚で高まった幸福度は平均で2年程度で「元の幸福度」に下がってしまうのです。

つまり、世の多くの人は、たった10%しか幸福度に影響のない「環境」を目標に打ち込み、物質的・経済的に成功しても、すぐ「快楽順応」で幸福度は元に戻ってしまうのです(もちろん社会的ステータス等は上がると思います、しかし、幸福度は・・・)。

なので、本書では、「幸福を決定する要素の40%を占める、意図的な行動を変えましょう」と説きます。
そして、12の行動習慣を提案しています。

1、感謝の気持ちを表す
2、楽観的になる
3、考えすぎない、他人と比較しない
4、親切にする
5、人間関係を育てる
6、ストレスや悩みへの対抗策を練る
7、人を許す
8、熱中できる活動を増やす
9、人生の喜びを味わう
10、目標達成に全力を尽くす
11、内面的なものを大切にする
12、身体を大切にする

一見、当たり前で精神的で無難な項目に思われるかもしれませんが、本書ではそれらを実行するための「科学的に実証された具体的な行動案」が示されてるのが特徴です(項目にもよりますが)。

自分は、そのうち2~3を1か月間実行しました。
本書には「オックスフォード幸福度調査」なる簡単なテストが掲載されています。
最低点は1点、最高点は6点、平均点は4.3点前後になります。
自分の1か月前の点は4.69点でした。
2~3の行動習慣を約1か月継続したところ、今日は5.37点でした。もちろんその時の気分や他の要因等、誤差も大きいかと思いますが、とりあえず効果は出ている気がします。

幸せになりたい方、この本のご一読をお勧めします。

なお、「自分がどのような行動習慣を取り入れたのか」は、~その2~に続く予定です記載しました!。

スポンサード・リンク

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

よく読まれている記事

最近の投稿

More
Return Top