心と身体の解放ブログ 〜心理カウンセラーより、社会で頑張るあなたへ

慢性の下痢・頻尿の原因は水分の取り過ぎ(水毒)だった!? ~ノコギリヤシはもう不要!?

コップの水

今日は、自分の慢性の下痢・頻尿の原因が水分の取り過ぎ(漢方で「水毒」といいます)だったという話。

自分は2012年5月頃より半年以上、慢性の下痢になりました。
その際は、下痢に大変効果のある「紅茶」を毎日飲むこと等によって治りました。
ところが、南雲吉則先生の著書を読み、「カフェインを辞めよう」と紅茶を止めると、また元の慢性の下痢に戻ってしまいました(汗)

<過去記事:慢性の下痢対策(過敏性腸症候群?)には納豆が効く!?>
<過去記事:カフェインを断つ! ~日本人の多くはカフェイン依存症!? <カフェイン禁 コーヒー禁>>
<過去記事:プチ断食(週末断食)の体験記 ~食生活が生まれ変わる!?>

そこで、たまたま読んだ「食べない健康法」石原結實(著)にヒントがありました。
この本は食べ過ぎを戒めるというか、少食が健康に良いと説く本ですが、水分の取り過ぎも良くない旨の記述がありました。
「これはひょっとして・・・?」と思い、水分を控えめにすることを思い立ちました。

「水を沢山飲むと健康にいい」旨の記述・本が沢山あるので「ミネラルウォーター等の良い水分なら問題ない」と思っていたのですが、どうやらそうでもないようです。
実は、一日に必要な水分は、食事を取ることによってある程度まかなわれているのです。
<参考記事(別サイト):★【水のとり方・タイミング まとめ】:実は水分の取りすぎは危険!>
だから、無理して水分を取る必要なんて(普通の健康な人には)基本的にありえない様です。
漢方では水分の取り過ぎを「水毒」と言って、万病の原因とされています。
<外部サイト:(株)森永漢方薬局 - 水毒症状の漢方治療>

そして、最も肝心な点ですが、「一度に多量の水分を取ることは良くない」のです。
自分の感覚では、「喉が渇いた時に、少しずつ飲み、満足したら止める」のが一番です。
多分、一日に必要な水分量は、体格・体質・食事・生活・人種等の諸条件によって、全く異なると思います(正解は人それぞれ)。
だから、自分の答えは、「喉が乾いたら飲む(ただし少しだけ)」でした。

コーヒー・紅茶・甘い飲み物・・・短時間に沢山の水分を取りたくなります、ってか、飲み干したくなります。
それが罠なのです!
短時間に必要な量以上の水分を取ってしまい、それが体に悪い方向に作用する可能性があります。
若いうちは問題ないかもしれません(自分も若い時はそうでした)。
でも、アラフォーにもなると、自分の様にダメージが来る方もいるかもしれません。

問題は、「少しずつ飲むために、常に水の水筒・ペットボトル等を持っていないといけない」ことです。
だから、学生さんには向かないかもしれません(その点は、若いから何とかなる・・・とするしかないでしょうか。。。)。

自分の場合、丁度カフェインを断っていたこともあり、水や100%ジュースを飲む速度を極端に遅くしました。
一口飲んだら休み、また一口飲んだら休み・・・
そうすると、一日に飲む水分の量が半分以下に減りました。
すると・・・慢性の下痢が治りました!

下痢が治った他に、もう一つ効果がありました。
頻尿が治ったのです!
当たり前と思うかもしれませんが(笑)

(以下、男性の話で、女性の方には申し訳ございません。)
自分は、30代のいつからか、頻尿であり、尿の出が悪く(出始めが遅く、勢いがない)、切れが悪くなりました(ただし、夜尿意で起きることは滅多にありません)。
さらにオナ禁を始めると、症状が加速した気がします。
困ったなぁーとは思いつつも、特段の不都合はないので、放置していました。
そんな状態で前立腺炎になったので、ノコリギリヤシを服用するようになりました。
自分の場合はノコギリヤシを飲むと、前立腺炎が治っただけでなく、尿の出・キレが良くなったので、その後も愛用しておりました。
<過去記事:中高年の男性には、ノコギリヤシが効く!>

ところが、水を飲む量を減らしたら、ノコギリヤシを飲まなくてもさほど頻尿・尿の出・キレが悪くなりません。
もちろん、今現在に前立腺炎の方にはノコギリヤシは有効かもしれませんが(医学的根拠なし)、「頻尿・尿の出・キレ」を気にされて飲まれている方は、水分の取り方に注意してみると案外効果があるかもしれません。
たまに頻尿になることがある妻と娘にも「水を一度に飲まずに、ゴクッ、ゴクッ、って一口ずつゆっくり飲むと頻尿が治るかもよ」と話すと、2人とも頻尿が見事に治りました!

頻尿の方には、水分をゆっくり取る(その代わり、水筒等を常に手元に置いておく)のはオススメかもしれませんよ!!!

なお、ノコギリヤシの副作用として、「性欲減退」が囁かれていますが(医学的根拠なし、ソースは自分)、もう一つの副作用の話(これもソースは自分)を近いうちにそのうちにUPしたいと思っています。

ちなみに、自分が飲んでいたノコギリヤシはこちら。
アマゾンで定期おトク便にしていました。

スポンサード・リンク

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

よく読まれている記事

最近の投稿

More
Return Top