心と身体の解放ブログ 〜心理カウンセラーより、社会で頑張るあなたへ

食べ過ぎ(オーバーカロリー)は無気力とともに ~筋トレの功罪

ジム

今日は、食べ過ぎを続けたら無気力になり睡眠時間が増えた上に昼間眠くなった話。

自分は痩せています。ガリガリです(笑)
子供の頃からそうなので、そんなものだと思っていました。
部活を多少やっても、筋肉はあまり付きませんでしたね~
ここ数年はジョギングをするようになり、下半身の筋肉は多少付きましたが、上半身は変わらずガリガリ(笑)

そんな中、8月(約2か月)のある日、ちょっとした勘違いをきっかけに(骨格筋の量と率を取り違え(汗))「筋トレするぞ!」と思い立ちました。「目指せ細マッチョ!」って感じです(笑)

ジムに通いたかったのですが、コストの関係で本を買って自宅ですることに。

この「へやトレ」の本は、初心者向けでDVD付きでわかりやすいです。

自宅には体脂肪計があるのですが、イマイチ信頼性に欠けます。そこで、西武池袋店の「カラダステーション」を月1回ペースで利用することに。
ここでは、クラブオンカード会員であれば無料で筋肉量等の測定が出来、予約をすれば(時間が空いていれば)運動方法のアドバイスも無料で受けられるという、有り難いところです。
<外部リンク:カラダステーション

そんなんで筋トレを始めたわけですが、2~3週間するとだんだん昼間眠くなってきました。ガムで必死に耐えるのですが、特に午前中が辛い感じです。運動のしすぎかな~と思っていました。
また、昼間眠くなるのに、夜の寝付きは悪い感じです。不思議でした。

筋トレ開始約1カ月後、馴染みの指圧の人に「筋トレしている・寝付き悪い」という話をしたら、「肉体改造には食事を増やさないといかん。寝るのも体力いるから。」とアドバイスされ、食事の量を増やしました。
数日すると、寝付きは良くなりましたが・・・寝起きがすごく悪くなりました。早寝しても起きられない。ジョギングも筋トレも朝にやっていたので、早起き出来ないと運動も出来ない。。昼間の眠気も変わらず・・・。
さらには、好きなことをする気力も起きない様な、無気力に近い状態にまで陥っていきました。
セルフコントロールが得意なはずな自分が、何も出来ないなんて・・・(汗)

筋トレ開始約2カ月後、また馴染みの指圧の人に「眠い・起きれない・無気力」という話をしたら、「肉体改造してるんでしょ!オーバーカロリー状態にしないと筋肉は付かないよ!オーバーカロリーで筋肉と脂肪を付けてから、脂肪を絞ることで筋肉質になる。そして食べれば眠くなる。今まで少食で来たから体が慣れるには時間がかかるよ」という話をされました。

確かに調べてみると、消費カロリー<摂取カロリー(オーバーカロリー)の状態にしないと筋肉は(事実上)付かない様ですね。そして、その状態では当然脂肪も付くので、ある程度筋肉+脂肪を付けてから脂肪を落とす(絞る)のが定石とか。
この歳で初めて知りました(汗)

じゃあ、食事の量を元の少食に戻せばどうなるかと思い試してみると・・・
気力充実!!!
昼間眠くならず仕事もバリバリ捗り、朝の寝起きもバッチリ。
食事って、とても大切で難しいものなのですね~
食べ過ぎは、無気力を生む様です。
「小食であることは、無気力を避ける最良の方法」だとか。
<外部リンク:食べ過ぎに注意

とりあえず、消費カロリー≧摂取カロリー状態で行きたいと思います。筋トレは維持予定ですが、細マッチョは諦めかも(笑)

ちなみに、筋トレには何も必要ありませんが、買うならこの2つのグッズがオススメです。アマゾンの検索で上位にあったので買ってみたのですが、安い上に自分には効果的でした!

大胸筋を鍛えるのに、普通の腕立てでも良いのですが、プッシュアップバーはより効果的です。

フィットネスローラーは、見た目が「うへっ!こんなんやりたくない!ってか出来るの?俺?」って感じですが、意外と出来ます。そして、上半身にとても効果的です。オススメ。

スポンサード・リンク

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

よく読まれている記事

最近の投稿

More
Return Top