心と身体の解放ブログ 〜心理カウンセラーより、社会で頑張るあなたへ

寄付金控除の変更について(所得控除から税額控除への変更)

寄付①M

私は、わずかな額ですが、負担にならない程度に寄付をしています。
お小遣いから毎月1000円とか(笑)
家計からも僅かな額ですが寄付しています。

あと、売却益等が出た時も、利益の極一部ですが、寄付することがあります。
そんなんで、つい先ほどクレジットカード払で小額の寄付を手続きした所です。

寄付する先は、結構迷ったりするのですが、
・国境なき医師団 http://www.msf.or.jp/
・セーブ・ザ・チルドレン http://www.savechildren.or.jp/top/index.html
・あしなが育英会 http://www.ashinaga.org/
辺りです。

「国境なき医師団」はとても硬派なイメージでお気に入りです。毎月の引き落としもここにしています。
「セーブ・ザ・チルドレン」は子供が2人いる自分にとっては身近に感じられ、支援の必要性を感じるので時々寄付しています。
「あしなが育英会」は「世界よりもまず日本からじゃないの?」という妻の意見からたまに寄付する先ですが、寄付金控除が認められないのが玉に傷といったところです。

ここで本題ですが、確定申告の際の寄付金控除が、昨年より大きく改正されています。3.11の影響が大きかったものと推測されます。

一昨年までは、「所得控除」でした。
 (寄付金総額 - 5000円)× 所得税率(10~20%とか) = 減額される税金

昨年からは「税額控除」に変更。
 (寄付金総額 - 2000円)× 40% = 減額される税金

つまり、減額される税金が従来の5~102~4倍(人によります)、寄付した金額(2千円除く)×40%が減税される感じです(上限は総所得の40%)。
減税のために寄付する人はいるわけがないですが、この様な政府の処置は、個人的には大変嬉しいです。

東日本大震災で寄付をされた方、その後も寄付を継続されている方等は、一度確定申告を検討されても宜しいのではないかと思います。なお、団体によっては寄付金控除が認められないので確認が必要です。確定申告の期限は3/15です。

補足:寄付を偽善行為だと思われる方へ

日本では社会保障が整っているためか(?)寄付行為が一般に根付いていない感じがあります。
「少しの寄付するをする位なら、アフリカでもいって全財産寄付してくりゃいいじゃん。そんなの偽善・道楽じゃん」みたいな主張もあります。
それに対して、Yahoo知恵袋の誰かさんはこんな感じのことを言っていました。

そもそも募金とは「自分の生活の負担にならない範囲で大勢の人が協力し合う」という意図で行われているものです。
でも、日本人には「○○のため」という大義があるなら自分の生活をも顧みず全てを捧げて尽くすべきだという自己犠牲を美徳とする意識があるのでしょう。
まず自分の幸せを願う一方、人の幸せを願わない人はいない。。。
自分か他人、どちらか一方のみの幸福を選択する必要はないのではないでしょうか。
支援者が「支援を続けられる状態」を長く維持しているほうが、支援対象者にとってもメリットが大きいと思いますし、支援者が減ってしまう方が問題です。

国境なき医師団のHPには、こう書いてあります。
「命を救うのに、理由なんていらない」

(2012/4/17 一部訂正)

スポンサード・リンク

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

よく読まれている記事

最近の投稿

More
Return Top