心と身体の解放ブログ 〜心理カウンセラーより、社会で頑張るあなたへ

幸福度を上げる方法 ~6点満点で4.69→5.90へ上昇しました!

幸せ

今日は、1年前から計測している幸福度調査がどのように上昇したのかということと、その方法のご紹介です。
なお、自分はこの1年、保有している米国株が多少上昇したとはいえ、仕事も変わらず家庭環境も変わらず、さほど状況はかわっていません。

1年前、自分は「幸せがずっと続く12の行動習慣」を読みました。著者のソニア・リュボミアスキーは米国カリフォルニア大学の心理学教授であり、個人の経験等ではなく実験の結果で示された、いわば科学的な「幸せなる方法」をこの本で述べています。
詳しく知りたい方は、過去記事をご参照下さい。
<過去記事:幸せになるための行動習慣を1ヶ月実行した結果 ~お金・美・ステータス・配偶者等の「環境」は、幸福度のわずか10%~>

この本では、「幸福行動診断テスト」を使って自分の行動タイプ(3つ)を把握し、12の行動タイプ毎に「幸福度が上がる方法」を記載しています。
自分は、「感謝の気持ちを表す」傾向が強かったため、「感謝日記」というものを書き始めました(日記といいつつ、週1回です)。
感謝日記に興味のある方は、過去記事をご参照下さい。
<過去記事:「感謝」の具体的方法と実行結果 ~幸福度がUPした、「感謝日記」~>
また、最初の1~2カ月位までは、「週に一日(曜日を決めて)特別な親切1つをするか、小さな親切3~5を行う」というものも行っていました(ネタを見つけるのが辛く、やめてしまいました)。
運動の習慣も強化しようとしましたが、これはまちまちでした(汗)

行ったのは、たったこれだけ。
では、それで幸福度はどうなったのか?

本書には「オックスフォード幸福度調査」が添付されていますが、1年前に本書読後に行った調査の結果は、6点満点中4.69点。
平均点は4.3点前後なので、4.69はちょっとだけ高い数字です。
これが、1カ月後には5.37に跳ね上がります。
2カ月後には5.72に上昇、3カ月後には5.86まで高まります。
6点満点なので、5.86はかなり高い数字だと思います。
と、ここらで日経平均株価上昇が加熱し一旦のピークになり、ギャンブル投資(日経平均が上がるか・下がるかに賭けるブル・ベア投信や先物取引)に参加します。
ギャンブルは一般的に人を幸せにしません。
結果、お金は儲かったのに、幸福度は4カ月後には5.48に低下します。
<参考 過去記事:ギャンブルを止めると幸せになる!? ~ブルベア・先物取引で幸福度が下がった!>
その後、ギャンブル投資を止めると、幸福度は5.72、5.93と上昇・回復しました。
その後は5.90前後を推移しています。

幸福度グラフ

ちなみに、自分の妹は「人生の喜びを深く味わう」行動習慣を取り入れています。具体的には、喜びを味わうための小さなアルバムを用意し、好きな人(家族や友人、恋人)やペット、好きな場所や物、大好きな俳優に関する記事など、幸福感を引き出してくれるものを集めます。そして、定期的に眺めて幸福感を味わうのです(注:眺めるのであって、書いてはいけません)。
他にも、本書には沢山の「幸福度を上げる方法」が書かれています。

「幸福度を上げること」は運動と同じで、継続的に取り組むことが大切です。

自分は、この1年で状況が変わった訳ではありません。
もしも変わったとすれば、感謝日記により心のありようが変わったのかもしれません。

幸せの青い鳥は、追いかけてもなかなか捕まりません。
この本の内容を実践すれば、自宅の中に青い鳥がいるのを見つけられるかもしれませんよ。

スポンサード・リンク

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

よく読まれている記事

最近の投稿

More
Return Top