心と身体の解放ブログ 〜心理カウンセラーより、社会で頑張るあなたへ

ゴミ拾いアプリ PIRIKA(ピリカ)のご紹介・体験記

拾う

今日は、ゴミ拾いアプリ「PIRIKA(ピリカ)」のご紹介&体験記です。

自分は、たまにゴミ拾いをします。
きっかけは、浅見帆帆子さんの著書に、『徳が上がると言われる様な、いわゆる「よいこと」をすると、運が良くなる』と書いてあったことからです。
きっかけは不純でしたが(笑)実際にゴミ拾いをすると結構楽しく気持ちいいので、常にではありませんが“たまにゴミ拾い”をするようになりました。
“たまに”なのは、ゴミ袋の準備や、飲みかけの缶ジュースの様なハードルの高いゴミがあったり、人ごみの中だと“恥ずかし”かったり、集めたゴミを捨てる手間・場所の問題だったり・・・。

そんな折、ふとTwitterのつぶやきから、ピリカのことを知りました。

ゴミ拾いアプリ 「PIRIKA(ピリカ)」とは、ゴミを拾ってスマホで写真を撮り、投稿するスマートフォン用無料アプリです。
コメントやありがとうを送るコミュニケーション・ツールでもあります。
<公式サイト:http://www.pirika.org/

使い方は、
1. アプリをダウンロード
2. FacebookかTwitterのアカウントでログイン(独自のログイン設定ももちろんできます)
3. アプリを起動し、「ゴミを拾う」ボタンを押す
4. ごみを拾う(拾ったゴミを「カン、燃えるゴミ」等、種類毎にカウントできます)
5. 「ゴミを撮影する」ボタンを押し、拾ったゴミを撮影
6. コメントを付けて(付けなくても可)投稿(投稿時に、GPS情報の掲載の可否、Facebook、Twitterへの連携の可否を選べます)。

投稿した「ゴミ拾い記事(?)」には、他の人が「ありがとうボタン」を押してくれたり、時にはコメントをくれたりします。
毎日ゴミ拾いしている人には「ありがとう」やコメントが付きやすいですね~
もちろん自分も他の人の投稿に「ありがとう」やコメントを送れます。

導入して2~3週間経ちましたが、一言でいうと「気持ちの良いアプリ」です。
自分の場合は、100円ショップで買ったゴミ袋を持って会社帰りに行っています。
始めるまでは「恥ずかしい」のですが、一度始めてしまうと夢中になって拾い続けてしまいます。
汚れたゴミ(中にはガラス等の危険なゴミも!)があるので、軍手をした方が良いかもしれません。
ベテランはゴミ拾い用の長い道具「トング」を使用している様です。

初日は勝手がわからず、とりあえず拾って写真とって投稿すると、次々と皆様から「ありがとう」やコメントが届きます。
あまりにスマホがブルブル震えるので、最初は「プッシュ通知がうざいなぁ~」と思ったのですが(他の方々の「ありがとう」の気持ちに対して失礼でした(汗))、iphoneの設定⇒通知センターで設定変更したら快適になりました。

一人でゴミ拾いをしていると、自分は未熟者なので、「なんでこんなことをしているのか?」と考えてしまったりするのですが(汗)、このアプリがあれば「ゴミ拾い仲間」と繋がるのでゴミ拾いのハードルがとても低くなりました。

皆様も、アプリをダウンロードしてみて、コンビニ袋を利用して会社帰りにでも試してみてはいかがでしょうか。

スポンサード・リンク

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

よく読まれている記事

最近の投稿

More
Return Top