心と身体の解放ブログ 〜心理カウンセラーより、社会で頑張るあなたへ

子供を作ろうと思ったら、排卵検査薬を使おう! ~男の出産・子作りその1

赤ちゃん

今日は、以前に書いたHPからの転載で、子作りには排卵検査薬がオススメ!という内容です。

結婚について
(自分は結婚して、子供が2人います。)
人生において、結婚は人生三大行事の一つ(出産・結婚・葬式)と言われております。
確かに一生(?)のパートナーを定め結婚することは、人生における大変大きなイベントです。
新居に引越し、二人の生活が始まり、とても大きな環境の変化があると思います。
ですが、その変化は、その後の「出産」に比べると大したことはない様に思っています。

「出産」これが本当の意味での結婚生活・第2の人生のスタートの様な気がしています。

子作りについて
(1) 子供を作ろうと思ったら
子供を作ろうと思った場合、むやみやたらに行為をすればよい訳ではありません。
妊娠するためには、ご存知の様に卵子と精子が結合する必要があります。
月(生理の周期にもよりますが)に一度だけ卵子が排出されますが、卵子が排出されてから24時間以内に精子と結合しないと受精しません。
受精するためには、この24時間以内に行為を行う、もしくは卵子の排出前に発射された精子が生き残っている必要があります。
1週間前に発射された精子が受精したという様な例もある様ですが、女性の膣内は酸性であり、精子が生き残るには過酷な環境で、通常は生き残っても1~3日程度の様です。
従って、卵子が排出されてから24時間以内に行為を行うことが、最も受精確立が高いということになり、その24時間以外での発射では確立が相当少ないことになります。

(2)排卵検査薬のススメ
計画的に子供を作ろうと思った場合、基礎体温をつける方が多いかと思います。上手く計れる方も勿論いらっしゃいますが、結構こつがいる様で、自分の妻は上手く計測出来ませんでした。特に子供が既にいる場合等は、朝に子供に起こされてしまう等、基礎体温の計測は困難かもしれません。
自分のオススメは、「排卵検査薬」です。
「妊娠検査薬」は有名ですが、(1)に記述した卵子が排出されるタイミングをチェックする薬があるのです。
卵子が排出されるタイミングがわかれば、妊娠の確立が飛躍的に高まることになります。医者で行われる「不妊治療」も、検査で男女に異常がなければ結局は「排卵検査薬で頑張ってください」ということになると聞いたことがあります。
だったら、子供を作ろうと思い立った時点で、「排卵検査薬」を使ってみませんか?
結婚して5年以上子供が出来なくて不妊治療に行こうか悩んでいた知人に「排卵検査薬」を勧めたところ、2回目のチャレンジで妊娠に至ったと聞きました(その後、無事に産まれました)。
なお、自分の妻の場合、受精(行為)の翌日には「妊娠検査薬」ではっきり「陽性」が出ました。

排卵検査薬は、一時期は薬剤師のいる薬局でしか手に入りませんでしたが、今では楽天等の通販で購入出来ます。
排卵検査薬、オススメです!

スポンサード・リンク

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

よく読まれている記事

最近の投稿

More
Return Top