心と身体の解放ブログ 〜心理カウンセラーより、社会で頑張るあなたへ

王様のうたたね寝枕を使ってみた感想・評価

王様昼寝枕

今日は、自分の3代目の昼寝枕がなかなか良いという話。

アメリカでは「パワーナップ」と言うのでしょうか、昼食後の15~20分の昼寝は、様々な本で紹介されていますよね。
30分以上寝てしまうと睡眠が深くなりすぎて起きてから意識がなかなか覚醒しないけれども、15~20分程度の昼寝だと「うたたね」程度で意識が戻って来れてすぐに仕事を再開できます。
そして、昼寝後の仕事は、とても快調に進みます。

自宅なら布団も可ですが、会社ですと会議室でも空いてない限り、自分のデスクで昼寝することになります。
ただ、腕枕だと「ちょっと痛いし、しびれることもある」のであまりオススメできません。
一番簡単な枕は、畳んだタオルです。
でも、クッション性に難ありですね~
昼寝枕は色々売っています。
自分の場合は3個目になりますが、気に行っている昼寝枕を紹介します。

こちらの「王様のうたたね寝枕」は、基本的に大ヒット商品(?)「王様の夢枕」の昼寝バージョンです。
<過去記事:「王様の夢枕」の感想(評価・口コミ) ~枕は自分に合ったものを!>
綿と極小のビーズが中身で、そのやわらかなフィット感は他では味わえないものがあります。
そして「王様のうたたね寝枕」の方は、真ん中に穴が開いているので、腕に通して「腕枕」にするのもいいですし、穴に口を入れて呼吸を楽にするのも良いです。
大きさは幅36cm × 奥行26cm × 高さ前cm・後12cmと、若干大き目に感じますが、その分頭にしっかりとフィットします。

会社で昼寝を腕枕でされている方、「王様の夢枕」を気に行っている方、是非勇気を出してこの枕を試してみて下さい。
会社で昼寝用枕を使うのは最初は恥ずかしいものですが、慣れればOK!
数週間後には、あなたも人に薦めたくなっているかもしれませんよ!

スポンサード・リンク

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

よく読まれている記事

最近の投稿

More
Return Top