心と身体の解放ブログ 〜心理カウンセラーより、社会で頑張るあなたへ

ココアよ、お前もか! 〜カフェインの有害性

ココア

今日は、ここ数ヶ月に2回程夕方にココアを飲んだら、夜眠れなくなったという話。

自分はカフェインを控えています。カフェインは麻薬やタバコと同じアルカドイドに分類されるからです。また、良質な睡眠の敵でもあります。
摂取しているのは、ほぼおやつ類のチョコレートからのみとなっています。
<過去記事:一年ぶりにコーヒーを飲んで ~カフェインの中毒性は強い!?
<過去記事:カフェインを断つ! ~日本人の多くはカフェイン依存症!? <カフェイン禁 コーヒー禁>>

今年に入ってから数ヶ月に1度、訪問している先があります。毎回時間調整が必要で、近所にはドトールとスターバックスがあります。素直にドトール(オレンジジュース有=カフェインを摂取する必要がない)を使えばいいのですが、なかなかに混んでいます。。。
ついついスターバックスに寄ってしまうのですが、ここはカフェインの王国、特別にデカフェを頼まない限りカフェインを摂取することになってしまいます。
最初は”コーヒーを頼んで飲まずに捨てる(別に水を貰って飲む)”という外道なことをしていましたが、罪悪感と「ココアならコーヒーよりカフェインが少ないから大丈夫かも?」という期待から、ココアを飲んでみました。
(ココアのカフェイン含有量は、コーヒーの1/5〜1/10位の様です。)

ココアを飲んだのは2回で、2回とも午後1〜2時位だったのですが、、
夜、眠れません!
カフェインの効果時間は一般的に8~14時間程度とされています(個人差があります)。
「午後3時以降はカフェインを控えた方が良い」などと本に書かれていることがありますが、自分は普段カフェイン摂取を控えていることもあり、効果時間が12時間を超える様です。

もちろん、カフェインは飲み続けると耐性がつき効果が薄くなりますので、普段カフェインを摂取されている方はもちろんここまでの効果はありません。
しかし、まっさらな状態の人間が摂取すると、ここまで効果が強力なものなのです。

私はカフェインによるストレス解消効果・リフレッシュ効果を否定する訳ではありませんが、夜の寝つきが悪い方は、お昼以降のカフェイン(コーヒー・紅茶・お茶類)摂取を控えてみて下さい(ノンカフェインの表示があるもののみにしてみて下さい)。
快い睡眠が、あなたを待っているかもしれませんよ。

スポンサード・リンク

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

よく読まれている記事

最近の投稿

More
Return Top