心と身体の解放ブログ 〜心理カウンセラーより、社会で頑張るあなたへ

子供の支度のしつけ 〜両面マグネットによるタスク管理

%e5%86%b7%e8%94%b5%e5%ba%ab%e3%82%bf%e3%82%b9%e3%82%af%e2%91%a0
今日は、マグネットシートを使用した子供のしつけ(タスク管理)について。
しつけがバッチリな家庭には必要ないと思いますが、我が家では役に立っています。

Yahoo!のPC画面トップに「Twitterで話題」のコーナーがありますが、そこで気になったのが、子供向けマグネットタスク。
主に幼稚園児を対象に、「朝の支度」「帰宅してから夜寝るまでの支度」をしつけするためのものです。
<外部リンク:玲奈さんのTwitter
<外部の参考記事:子供の朝の支度がはかどる簡単アイデア!
<外部の参考記事:両面マグネットで作る「朝のお支度チャート」の効果

<マグネット・タスクとは>
作成方法は、両面マグネットを購入、適度な大きさに切り抜き、「手を洗い」「はみがき」「着替え」などの行動を書いてボードや冷蔵庫に貼っておき、子供が実行出来たら裏返す(裏面には「できた!」などと記入しておく)というもの。
要は、習慣的な毎日の行動をタスク管理するものです。

両面マグネットにつき、私は下記のコクヨのものを書いましたが、普通にダイソーで売ってました(汗)
いや!コクヨの方がきっと磁力が強い!・・・といいな(汗)

我が家の小学生は「親が言わないと動かない(特に宿題)」ので、帰宅してからのタスクと就寝目標時刻を決めて、導入してみました。

子供へのモチベーションとして、1日のタスクを全部クリアしたら大きなシールを、1個だけやらなかったけど残りはクリアした場合は小さなシールをカレンダーに貼ることに。
この機会に家庭内通貨「メジーロ」を導入しようかと思いましたが、手間がかかるので見送りました。
結局、月毎に、大きなシールは1個3円、小さなシールは1個1円として、お小遣いに上乗せしています。
%e5%86%b7%e8%94%b5%e5%ba%ab%e3%82%bf%e3%82%b9%e3%82%af%e2%91%a1

<効果>
実際に導入してみると、結局宿題に関しては親から促されないと始めませんが(汗)、就寝目標時刻が設定されたこともあるのか、就寝時刻は以前より安定しました。
時間がずれがちだった妻の夕食の準備も「18:00まで」というルールを作ったこともあり、生活にリズムが出来た感じです。
また、上の子が「就寝目標時刻から時間を逆算する」ということも覚えてきた様で、まずまずの成果を上げています。

さらに、我が家の場合は親の就寝目標時刻も決めたので、親の生活リズムも安定しました。
親が背中を見せた方が、子供もノッてくれますね。

<注意点>
我が家の場合、現在は「ソロバン」と「ピアノ」のタスクを入れています。
これは、「しつけとして必要な習慣作り」を超えたもので、「子供に親が強要している」ものとも言え、「どうかな〜?やりすぎかな〜?」と自分自身で疑問です。
ソロバンはもうすぐ検定があり、ピアノも数ヶ月後に発表会を控えている事情があります。
検定・発表会が終わったら、子供とよく話し合って、見直しをする予定です。

親としては子供の将来も考えつつ、本人の興味・得意なことを伸ばしてあげたいですよね。

<今後のアイデア>
我が家は家事等のお手伝いが少ないので、「お勉強」的なタスクよりも「お手伝い」のタスクを増やし、子供に生活力をつけたいと思っています。

<最後に>
子供のしつけに効果的なマグネット・タスク。
小学校入学前のお子さんのいる方、しつけの苦手な方、忙しくて子供に手が回らない方、マグネット・タスクを試してみてはいかがでしょうか?

スポンサード・リンク

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

よく読まれている記事

最近の投稿

More
Return Top