心と身体の解放ブログ 〜心理カウンセラーより、社会で頑張るあなたへ

雑記、icloud容量不足の罠

%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%99%e3%82%8b%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf

現在、ソフトバンク⇨格安SIM (MVNO) への移行を検討・準備中なのですが、昨日はちょっと問題が発生して手間取りました(汗)
Iphoneユーザーなら皆様ご存知かと思いますが、icloudのバックアップと容量の問題です。

妻のIphoneにバックアップ設定をしようと試みたのですが、なかなか上手く行きません・・・
「icloudの空き容量が不足しているのでバックアップできません」といったメッセージが発生してしまうのです。
icloudは無料で5GB使えるので、こういう場合は明らかに「写真・動画データ」が悪さをしているはず。
ところが、「設定 ⇨ icloud ⇨ 写真」を全てオフにしても容量が足りません。
icloudフォトライブラリーという項目に「ライブラリ全体をicloudに自動的にアップロードし保存して」と書いてあるのに(汗)

そこでネット検索すると、「設定 ⇨ icloud ⇨ 容量 ⇨ ストレージを管理 ⇨ このiPhone」を開くと「バックアップするデータを選択」があるので、そこからフォトライブラリを選択すればOKでした(バックアップデータを削除しますかと聞かれたら、赤字で怖いけど「オフにして削除」を選択)。
なお、「設定 ⇨ 一般 ⇨ ストレージとicloud使用状況 ⇨ ストレージを管理(iloud) ⇨ iphone」でも開けます。
<外部リンク:iPhoneをiCloud(Wi-Fi)でバックアップする方法【iOS 10版】

これ、自分のiphoneでも設定したことがあったのですが、ネットで調べないで普通に操作していると簡単にはたどり着けないと思います。
appleも営利企業であることは十分に承知しておりますが、もう少し分かりやすく改善していただきたいですね。

ちなみに、バックアップから写真を外した後に容量不足になった場合、アルバム内の「最近削除した項目」が怪しいです。
写真・動画を削除しても、windowsの「ごみ箱」のように、iphoneは30日間「最近削除した項目」にデータを取っておいてくれます。
間違って削除した時には嬉しい機能ですが、容量不足で写真・動画を削除した場合は困ってしまうので、こちらでもう一度「削除」を行うとihpneの容量不足が解消します。

写真・動画データは、「小まめにPC等に移す方法」が一般的かと思いますが、「googleフォト」という、画質は少し落ちるものの無料かつ無制限に写真データをアップロード出来るアプリがあります(2015年5月〜)。
<外部リンク:Google フォト
また、icloudドライブの毎月の使用量も意外と安い(下記の写真を参照)ので、お金に余裕があり手間をかけたくない人なら、課金するのも悪くないかもしれません。

以上、皆様ご存知のことかもしれませんが、ご参考まで。

icloud%e6%96%99%e9%87%91

スポンサード・リンク

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

よく読まれている記事

最近の投稿

More
Return Top