心と身体の解放ブログ 〜心理カウンセラーより、社会で頑張るあなたへ

ソフトバンクからIphoneで格安SIM切替方法・手順

アイフォン

先日、ソフトバンクIphoneを格安SIMに切替終了しましたので、ご参考に体験談を記します(長文です)。「ソフトバンク」と「Iphone」という二重の壁に阻まれて「腰が重かった」のですが、終わってみれば「あっさり」でした。

なお、我が家の子供携帯と固定インターネット回線の問題は、下記のリンクをご参照下さい。
<過去記事:おまけの日記:ソフトバンク→格安SIM検討中

  2017/2/2追記
   ソフトバンクでも格安sim(日本通信)への解放が決定しました!
   2017/3/22からサービス開始とのこと。


<はじめに>
格安SIM、魅力的ですよね!
ニュースや既に切り替えた人によると、月額料金が半額どころか1/4とかに減少する話を聞きます。
デメリットも、「お昼休み」や「電車遅延時」などの「特別に電波が混んでいる時」以外は特段の問題を聞きません。
キャリアメール(docomo.ne.jpやsoftbank.ne.jpのメールアドレス)が使えなくなりますが、特段の事情がなければgmailとLINEで十分かと思います。


<ソフトバンクの憂鬱>
3大キャリアのうち「NTT Docomo」と「au(KDDI)」の人は機械(スマホ)はそのままでMVNO業者(格安SIM業者)のSIMを入れ替えるだけで「切替完了!」となります。
MVNO業者はDocomoかauの回線を安く借りて「又貸し」しているので、同じ系列のsimならば何も問題がありません。
なぜMVNO業者が「安く」回線を借りられるかと言えば、3大キャリアの寡占状態を危惧する総務省の指導によります。
しかし、ソフトバンクだけは回線を貸す料金を「高く」設定したため、ソフトバンク系だけMVNO業者がいない状況になっています(「Y!mobile」はソフトバンクの別働隊であり、他のMVNO業者と料金体系を比較すると見劣りするだけでなく、2年縛りもあります)。

つまり、ソフトバンクのIphone所有者の場合はdocomo系かau系のMVNO業者に乗り換える必要があるのですが、appleで買ったシムフリー・アイフォンでない限り、「SIMロック解除」が必要です。
3大キャリアは、他の系列のsimを入れても使えないように「simロック」をかけています。そのsimロックを解除することで、初めて他のキャリア系のMVNOが使えるようになります。
Iphoneの6s以降の製品(6s、6s plus、SE、7、7plus)は、SIMロックを解除することで3大キャリアのどこの系列でも使用できる様になります(ソフトバンクのIphone以外のスマホはsimロックを解除しても他キャリアの電波を上手く拾えないため「ゴミ」となってしまう様です)。
ただし、simロック解除の条件として「購入から6ヶ月(180日)以上経過」している必要があります。

Iphoneの6以前の製品は、SIMロックを解除することは公式には出来ません(非公式な方法ならある様です)。我が家の場合、妻の「6S」はSIMロックを解除できましたが、私の「5」はこれを機会に思い切ってSIMフリーの「SE」に買い換えました。
なお、APPLE STOREでは2017/3/31まで24回払い・金利0%の特別ローンを実施中です。
<外部リンク:APPLE公式HP IPHONE


<SIMロック解除方法>
SIMロック解除の方法は、他のキャリアであれば公式HPからネットで完結します。
ところが、ソフトバンクだけネット(My Softbank)で手続きするには「他社のsimカード(※注意:IphoneのSIMのサイズはnano sim)が必要」とされています(2017/1/27現在)。
<外部リンク:ソフトバンク公式 よくある質問 SIMロック解除方法

私は他社のsimを持っていなかったので、ソフトバンクショップで3千円+税を支払いsimロックを解除してきました。
「乗り換えを考えている」等の余計なことを言わなければ、特に引き止めもなく手続きしてくれます。
手続きの際、わざわざ「不安にさせる確認書」を見せてくれますが、大丈夫、何も問題はありません。

ネットで完結したい方は、コンビニなどで売っているプリペイド等のsim(繰り返し注意:サイズはnano simで!)を活用されると良いと思います。
なお、My Softbankを利用してSIMロック解除をするには、Wifiが使える環境が望ましいです(他社のsimカードを使うには、APN構成プロファイルというものをインストールする必要があるため)。


休憩

SIMロック解除までは事前に準備できますが、実際の乗り換えは「2年縛り」のタイミングを見る形になると思います。
違約金の「1回線約1万円」は痛いですよね。
しかし、MVNOへの乗り換えで節約できる月額通信費を考えると、数ヶ月で「約1万円」の元は取れるとおもわれます。

いよいよ乗り換える際には、事前にソフトバンクの「Tポイント」をMY Softbank経由で通話料に充当する等、使い切っておくと良いでしょう。


<MNP手続き>
SIMロック解除が終了したら、ソフトバンクへ電話して、MNP(携帯番号ポータビリティー)予約番号を取得します(15日間有効)。
MNPは1回線につき3千円+税(契約開始から2ヶ月未満だと5千円+税)の手数料が必要です。
<外部リンク:ソフトバンク公式 他社へ変更する場合
 ソフトバンク携帯から *5533
 フリーコール 0800-100-5533
 受付時間 9:00〜20:00   (2017/1/27現在)

ソフトバンクショップでもMNP予約番号を発行してくれますが、必死の引き止めが想定される(店舗の営業成績のマイナスになる?)ので、電話が吉です。
電話でも引き止めはあります(Y!mobileが特別に安くなる・データ通信の月額料金が日割りにならないため、今のタイミングでは不利だ etc.)が、全て無視でOKです。
引き止めがあるということは、「今まで暴利を貪っていた」証拠かと考え、一刻も早く搾取の構造から脱出しましょう。

電話が終わると数分で「MNP予約番号」がショートメール(SMS)で送られてきます。こちらの番号を乗り換え先のMVNO業者に伝えることで、携帯番号がそのまま使用できます。


<MVNO業者の選定>
色々な業者がいて、困ってしまいますよね〜
しかも、料金が似た感じだったり・・・

2016年3月現在のシェア大手は、以下の通り。
 NTTコミュニケーションズ(OCN モバイルONE)
 インターネットイニシアティブ(IIJmio)
 楽天(楽天モバイル)
 U-NEXT
 BIGlobe
<外部リンク:格安SIMの契約数は539.4万回線、シェアは「楽天モバイル」が3位に

私が調べた範囲では、Y!mobile以外ならどこでも料金とサービスに大差はないです。
新しいスマホとセットでなければ、契約の縛りがあっても6ヶ月〜1年程度なので、気楽に決めて良いかと思います。
気に入らなければ簡単に出て行けますからね。
私は会社(親会社)の信頼感、規模(シェア)、通信速度の評判、我が家の通信量などから考え、老舗で無難な「IIJmio」に決めました。

なお、MNVO業者での手続きに入る前に、念のためiTunesやicloudを使用してバックアップを取っておきましょう。

<MVNO業者での手続き>
通常はここでMVNO業者にネットで申込をして、数日後に格安SIMが送られてくる形になります。
SIMを送付する関係上、数時間〜数日の「携帯電話の不通時間」が発生します。

MVNO業者によっては、家電量販店の店頭で即日手続きできます。私の場合はビックカメラの店頭で申込をして、30分の待ち時間で新しいSIMが貰えました。希望すればSIMカードの入れ替えも、APNプロファイルの設定もしてくれます。IIJから派遣されている担当者は、丁寧で親切、信頼感がありました。

店頭での即日手続きは囲い込みがあるのか(?)、ヨドバシカメラとビックカメラで取扱業者に違いがありました(重複はないっぽい)。
実は最初はヨドバシカメラに行ったのですが、「IIJmioの即日発行はあそこのビックカメラに行って下さい」とライバルに誘導されました。
さすがヨドバシ、紳士だな〜

なお、転入の際にも事務手数料が1回線3千円程度かかります。

<おわりに>
以上の知識を整理するのには結構エネルギーが必要だったのですが、①ソフトバンクショップでのSIMロック解除、②電話でのMNP予約申込、③ビックカメラでのSIM発行手続き・切替、の実際の流れはとてもスムーズでした。

コスト面は別の機会に譲りたいですが、Iphoneの分割払いが残っていたり、新しくIphoneをappleで24回払いで買っても十分に元は取れると思います。
もちろん、「自宅のインターネットも同じキャリアに揃えると割引される(ソフトバンク名称:おうち割)」サービスを使うよりも、格安SIMに切り替えた方がコストパフォーマンスに優れていると思います。

我々消費者が動くことで、高止まりしている3大キャリアの料金も徐々に下がっていかざる得ないでしょう。
まだソフトバンクでIphoneを利用されている皆様、遅くとも2年縛りの更新月には是非検討してみて下さいね!

スポンサード・リンク

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

よく読まれている記事

最近の投稿

More
Return Top