心と身体の解放ブログ 〜心理カウンセラーより、社会で頑張るあなたへ

ディスプレイ・モニターの 疲れ目対策 〜選び方・初心者向け

今日は、「PCのディスプレイを目の疲れないものに買い換えたいけど、どんなのが良いか分からない!!」という人のための、疲れ目対策ディスプレイの選び方です(2017年3月現在)。
こちらは初心者向けのシンプルな記事であり、詳しく知りたい方はEIZOのホームページ等をご参照願います。

<はじめに>
私は数年前にPC用の液晶ディスプレイを買い換えたのですが、家に設置したとたん「前のより目にきついな!」と感じました。
「前のディスプレイ」は、まだ縦横比がブラウン管と同じ頃のもので、かなり古いもの。
新しいディスプレは、輝度調整をしても、ブルーライトカットのフィルムを貼っても、なんだか目にキツく感じたのです。
「液晶やLEDの進歩とかで、時代がかわっちゃったのかな?」
とはいえ、買ってしまったものなので、余り考えずに使い続けてきました。

2ヶ月程前、「やっぱり目が疲れるな〜」と思いディスプレイについてインターネット検索してみると、自分の買った「光沢のディスプレイ(グレア)」は目が疲れやすいことが分かりました。
「ん?」と思って更に調べると、「TNパネル」という、これまた目が疲れやすいパネルを使っていました。
「こ・・・これはマズい!!!」

・・・こうして、目にやさしいディスプレイ・モニターの条件を探し始めたのです。

<目に優しい・目の疲れないディスプレイ・モニターとは?>

条件1 ◯ ノングレア(非光沢)
    X  グレア(光沢)

まず、ノングレア(非光沢)の製品を選んで下さい。
光沢のあるディスプレイは鮮やかでカッコイイですが、一般的に目には優しくありません。
光沢がある → 外光や蛍光灯の光を反射しやすい → 目によくない、という理屈です。
美術系のお仕事やゲーム用でない場合、ノングレアをオススメします。
なお、今のディスプレイが光沢の方は、「低反射」「アンチグレア」の液晶保護フィルムを貼るという対策があります。

条件2 ◯ IPSパネル
    X TNパネル・VAパネル

次に、「IPSパネル」のものを選んで下さい(訳の分からない専門用語・・・ここ、踏ん張りどころです!)。
IPSパネルは見える角度が広く、見易いです。また、色がきれいに表示されるというメリットがあります。その代わりお値段も比較すると高めになります。
デメリットとしては、表示速度が比較すると遅めです。故に、ゲーム用には一般的にTNパネルの方が適しています。

条件3 ◯ フリッカーフリー or DC調光
    X PWM調光

3つ目に、「フリッカーフリー(ちらつき防止)」のものか、「DC調光」のものを選んで下さい。
コストが安いため一般的に使用されるPWM調光は、輝度調整をLEDの発光時間(間隔)で調整しています。LEDが点いたり消えたりする時間の間隔で明るさを調整する訳です。そのため、特に輝度を下げると「LEDの発光時間が短く」なり、チラツキを感じてしまう可能性があります。
お値段が多少高くても、「フリッカーフリー」や「DC調光」のものをオススメします。

<必要条件まとめ>
以上、「ノングレア(非光沢)」「IPSパネル」「フリッカーフリー(ちらつき防止) or DC調光」の3つを備えたディスプレイを検索してみて下さい。
この3つを備えたものなら、「輝度調整」や「スタンドの角度・高さ調整機能」は当然あるでしょうし、「ブルーライト低減・カット機能」も多分ついているでしょう(ついて無ければブルーライトカットのフィルムを買いましょう)。

検索時は、「同じ製品名でも、大きさ(インチ)によって機能が異なる」場合が多いことにご注意下さい。
性能表等で、自分の欲しいインチのものに求める機能があるかどうか、慎重に見極める必要があります。

なお、PCのディスプレイの高さは、着座時の目線より水平(0度)〜下方向に30度までの範囲が理想とされています(要は、ディスプレイを見上げるのは眼に良くないとされています)。
あまり大きなインチのものだと、目線が水平より上にいってしまう可能性がありますので、ご注意願います。

<最後に>
私は、アマゾンで上記3条件を満たす23〜24インチのディスプレイを探したところ、下記の製品がHITしました。
Dell ディスプレイ モニター P2417H/23.8 インチ/IPS/6ms/VGA,DP,HDMI/USBハブ/3年間保証

買い換えて約2ヶ月、期待していた様に「目が全く疲れない」ということはありませんでした。
しかし、以前の「グレア(光沢)・TNパネル(そして多分、PWM調光)」の製品を見た時に感じた「目に刺さるような感覚(目の痛さ)」は無くなりました。

最近、「眼の疲れがひどい」という方は、ディスプレイの性能・機能を確認してみて下さい。
もしも「光沢&TNパネル」でしたら、私のように買い換えで「疲れ目の改善」が期待出来るかもしれませんよ!

スポンサード・リンク

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

よく読まれている記事

最近の投稿

More
Return Top